崖っぷち芸人TAIGAの人生が変わる「と思った」話 一世一代の大舞台「R-1決勝」の思わぬ結末

拡大
縮小
TAIGA
崖っぷち芸人・TAIGAが一世一代の大チャンスを振り返ります(写真:©︎吉場正和)
崖っぷち芸人・TAIGA。今年で48歳。芸人の仕事だけでは暮らしていけず、アルバイトで生計を立てる彼にも、一世一代の大チャンスが訪れました。「R-1ぐらんぷり2014」にTAIGAはどのように挑み、どのように散ったのか。芸に生き、芸人仲間に愛された男が、一発逆転を賭けた戦いを振り返ります。
※本稿は『お前、誰だよ! TAIGA晩成 史上初!売れてない芸人自伝』から一部抜粋・再構成したものです。

R-1ぐらんぷり2014決勝への道

2011年のR-1ぐらんぷりで準決勝まで進むも、翌年からはまた2回戦落ちが続いた。金がなくなると地元の先輩に電話して、日雇いのバイトを紹介してもらって、なんとか食いつないでいた。

37歳のときだったと思う。地元の同じ小中学校の同窓会があると連絡があった。久しぶりに同級生たちと会いたかったが、会費の7500円が払えなかった。みんなには「仕事があって行けない」と嘘をついて、二次会の安い居酒屋から合流した。かつての同級生たちはみんな、立派な社会人になって再会を喜んでいたが、心の底からは楽しめていない俺がいた。37歳にもなって7500円が払えない自分がみじめだったからだ。

学生時代に仲が良かった友人の結婚式を、「仕事だ」と嘘をついて断ったこともあった。ご祝儀を包みたい気持ちは山々だったが、どうしても金がなかった。

そんな日はショーパブに行くのも憂鬱だった。出演時間より早く行って、近くにある川の土手で夕日に染まる川をじっと眺めた。

金に困ると人は弱気になるというが、それに追い打ちをかけるような事態が起こる。

次ページ所属事務所への不信感
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT