昭和シェル石油グループが太陽電池新工場の竣工式を開催、7月までに全ライン稼動で世界最大級の工場に

新工場の敷地面積は40万平方メートル。日立製作所がプラズマディスプレー工場として使用していた建屋を2009年末に買い取り、取得後に自前で一部を増床。そこにソーラーフロンティアが独自に開発した製造装置を搬入し、2月から商業生産を開始した。投資金額は1000億円に上り、すでに800名近い従業員が働いている。


■完成した製品にシールを貼るのもロボットの仕事

この新工場で作る太陽電池は、「CIS薄膜系」と呼ばれる新タイプの製品だ。スライスしたシリコンウエハを敷き詰めて作る一般的な「結晶系」の太陽電池とは違って、ガラス基板上に微量の銅やインジウムなどによる薄い合金膜(光吸収層)を形成したもの。大量のシリコンを必要とする結晶系の太陽電池に比べて、使用する原材料の絶対量が少なく、製造工程もシンプル。製造装置自体の投資負担は重いが、それを加味しても、「大量生産時に得られるスケールメリットは結晶系より格段に大きい」(栗谷川悟・ソーラーフロンティア執行役員技術本部長)と言う。


■工場内を走る自動搬送ロボット。工場に届いた材料・部材は機械によって自動倉庫にいったんストックし、必要に応じて搬送ロボットが各工程に自動的に補充する

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT