【産業天気図・精密機器】事務機悪化だが消耗品盤石。原油高で下期はコスト負担増へ

複写機やプリンタなどの事務機市場は、今2005年前半に価格競争が激化し、業績悪化の企業が続出した。下期もインクジェットプリンタで米大手ヒューレット・パッカードの攻勢が予測されるなど、価格競争が弱まる環境にはない。
 足元の原油高も響く。すでにプラスチック製品の原価高という形で影響しており、下期以降もコスト上昇要因として続く可能性が高い。
 ただし、業界各社とも消耗品で高収益を稼ぐ構造自体は盤石。安定した成長基調は続く見通しだ。
【吉川明日香記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT