【産業天気図・精密機器】事務機悪化だが消耗品盤石。原油高で下期はコスト負担増へ

複写機やプリンタなどの事務機市場は、今2005年前半に価格競争が激化し、業績悪化の企業が続出した。下期もインクジェットプリンタで米大手ヒューレット・パッカードの攻勢が予測されるなど、価格競争が弱まる環境にはない。
 足元の原油高も響く。すでにプラスチック製品の原価高という形で影響しており、下期以降もコスト上昇要因として続く可能性が高い。
 ただし、業界各社とも消耗品で高収益を稼ぐ構造自体は盤石。安定した成長基調は続く見通しだ。
【吉川明日香記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。