IHIの相馬第一・第二工場は5月上旬に完全復旧へ【震災関連速報】

IHIの相馬第一・第二工場は5月上旬に完全復旧へ【震災関連速報】

IHIは、東日本大震災で被災した福島県相馬市の相馬第一・第二工場を5月上旬に完全復旧させる。3月29日からは被害が軽微だった工場棟で一部稼働を再開していたが、5棟すべてで電源が復旧したため、5月の大型連休明けにも全面稼働に踏み切る。

同工場は、航空エンジン部品などを生産しており、世界の航空機メーカーや航空エンジンメーカーにとっては、部品の調達のために欠かせない重要な拠点だった。同工場で生産している航空エンジンの重要な部品であるタービン翼は、他社での代替生産が難しいという。

世界の航空エンジン3大メーカーである米ゼネラル・エレクトリック(GE)、英ロールス・ロイス(RR)、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)のいずれとも取引があった。米ボーイングの新型旅客機B787向けのGE製エンジン「GEnx」や、欧エアバスの大ヒット機A320向けのRR、P&Wなどの共同開発エンジン「V2500」、ブラジル・エンブラエルのリージョナルジェット機向けのGE製エンジン「CF34」などが代表的だ。ちなみに、三菱重工業が約半世紀ぶりに取り組んでいる国産旅客機MRJ向けのP&W製エンジンでは取引関係はない。

これまでの納品遅れを取り戻すため、同工場では全面稼働後、早期に増産体制を構築していく。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。