IHIの相馬第一・第二工場は5月上旬に完全復旧へ【震災関連速報】

IHIの相馬第一・第二工場は5月上旬に完全復旧へ【震災関連速報】

IHIは、東日本大震災で被災した福島県相馬市の相馬第一・第二工場を5月上旬に完全復旧させる。3月29日からは被害が軽微だった工場棟で一部稼働を再開していたが、5棟すべてで電源が復旧したため、5月の大型連休明けにも全面稼働に踏み切る。

同工場は、航空エンジン部品などを生産しており、世界の航空機メーカーや航空エンジンメーカーにとっては、部品の調達のために欠かせない重要な拠点だった。同工場で生産している航空エンジンの重要な部品であるタービン翼は、他社での代替生産が難しいという。

世界の航空エンジン3大メーカーである米ゼネラル・エレクトリック(GE)、英ロールス・ロイス(RR)、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)のいずれとも取引があった。米ボーイングの新型旅客機B787向けのGE製エンジン「GEnx」や、欧エアバスの大ヒット機A320向けのRR、P&Wなどの共同開発エンジン「V2500」、ブラジル・エンブラエルのリージョナルジェット機向けのGE製エンジン「CF34」などが代表的だ。ちなみに、三菱重工業が約半世紀ぶりに取り組んでいる国産旅客機MRJ向けのP&W製エンジンでは取引関係はない。

これまでの納品遅れを取り戻すため、同工場では全面稼働後、早期に増産体制を構築していく。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。