双葉電子工業の岩手拠点は5月中旬に全面復旧の見通し【震災関連速報】

双葉電子工業の岩手拠点は5月中旬に全面復旧の見通し【震災関連速報】

自動車向けの蛍光管やラジコンの製作を手がける双葉電子工業は19日、東日本大震災直後から操業を停止していた子会社で金型を生産する双葉精密(岩手県釜石市)が、5月中旬をメドに全面復旧する見通しになったと発表した。
 
 すでに18日時点で設備能力の50%が操業可能な状態にまで回復している。ただ一部ラインでしか操業を行っていない。順次、設備の修復、点検を行ったうえで、震災前の水準まで操業可能にしたい考えだ。

被災した双葉精密の金型生産は全体からすれば10%にも満たず、双葉電子工業の金型の供給能力の低下自体は軽微なものにとどまりそうだ。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。