原材料高と過当競争、道路復旧への険しい道のり


 被災地である仙台地区のアスファルト混合物価格は、ストアス高の影響で、リーマンショック直後の水準まで高騰(下上図)。一方で舗装工事の受注量は、業者数の減少も相まって漸減傾向にある(下図)。「2010年度の出荷は前期比1割減」(道路大手)と、売上高は目減りし、原価率は悪化するばかり。厳しい状況は11年度も続きそうで、“震災特需”と呼ぶには程遠い。

道路の舗装工事は、目玉の第二東名高速道路から地方発注の道路補修まで、相対的に単価が下がって採算割れの状況だ。大手は製造プラントを稼働させ、生産した混合物を自社で使うばかりでなく、中小地場の同業者などに外販することで、舗装事業の赤字を補填してきた。しかし1バレル100ドル以上で高止まりする原油高が続けば、燃料高に電力不足という不測の事態も加わり、大手すら営業赤字転落の危機に陥りかねない。体力の弱い工事会社は存続を断念し、廃業や譲渡の道を選択、業者数がさらに減る事態も想定される。




ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT