文部科学省が、福島第一原発事故による海水の放射能汚染シミュレーション第二報を発表

文部科学省が、福島第一原発事故による海水の放射能汚染シミュレーション第二報を発表

文部科学省は、16日、福島第一原発事故による海水の放射能汚染のシミュレーションの第二報を発表した(→こちら)。12日に発表した第一報以降の新しいデータをシミュレーションに織り込んでいる。

広範囲を予測したJCOPE2(図1)と、これをもとにより高精度で予測したJCOPET(図2)がある。海面上での拡散を予測し、海水中の下層への拡散は考慮していない。

JCOPE2(図1)によると、福島第一原発から放出された汚染水は、拡散しながら5月上旬まで宮城県北部沿岸まで北上、その後、さらに沖合に移動しながら複雑に拡散する見通し。5月末には、半減期の短いヨウ素131は0.4ベクレル/リットル(原発排水濃度限度の100分の1)以下となり、半減期が長いセシウム137も9ベクレル/リットル(同10分の1以下)に薄まる。

沿岸部をより高精度で予測したJCOPET(図2)では、4月20日に掛けて南寄りに沖合へ拡散している。

福島第一原発では、炉心や使用済み核燃料に水を掛け流しにしながら何とか冷却を続けている状態。2号機取水口近くから海へ高濃度汚染水が大量に流出するという事態は止められた。しかし、1~4号機はいずれも破損、冷却によって依然として高濃度の汚染水が敷地内や地下にあふれ出していることは確実。汚染水対策は極めて重要な課題だ。

■図1 数値海況予測システムJCOPE2のシミュレーション結果


■図2 JCOPETのシミュレーション結果(JCOPE2とは縮尺が大きく異なることに注意)


出所:文部科学省
写真提供:東京電力

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。