ネパール大地震の死者1900人超に

エベレストで大規模な雪崩も発生

 4月26日、ネパールで発生したM7.9の地震で、警察当局によると、死者数は1910人に達した。今後さらに増加する恐れがある。中部バクタプルで撮影(2015年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[カトマンズ 26日 ロイター] - ネパールで25日に発生したマグニチュード(M)7.9の地震で、警察当局によると、死者数は1910人に達した。今後さらに増加する恐れがある。負傷者も4625人に上るという。

首都カトマンズでは少なくとも700人が犠牲になった。市内にはがれきが積み上がり、軍当局者は倒壊した建物の中に閉じ込められている人もいるとの見方を示した。同市では寺院や1832年に建造された高さ約60メートルの「ダラハラ塔」も崩壊した。

都市部から離れた一部地域などでは救助活動が開始されていないところもあるという。

世界最高峰エベレストでは地震の影響で大規模な雪崩が起き、ネパール山岳協会によると、ベースキャンプで登山者17人の遺体が収容された。

ネパールは各国に支援を要請。隣国インドは軍機や救助チームを緊急派遣したほか、米国、英国、パキスタン、中国も捜索救助の専門家や緊急チームによる支援を提供した。

今回の地震は、ネパールでは過去81年間で最悪の規模とされている。1934年の地震では8500人以上が死亡した。

*情報を更新して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT