フランス経済相、ルノー株を買い増し意向

日産との提携にも影響

 4月24日、マクロン仏経済相は、ルノーの議決権を引き上げる意向であることをあらためて確認しながらも、ゴーンCEO(写真)と今後も協議を続ける姿勢を示した。バルセロナで3月撮影(2015年 ロイター/ALBERT GEA)

[パリ 24日 ロイター] - マクロン仏経済相は24日、仏政府が自動車大手ルノー<RENA.PA>の議決権を引き上げる意向であることをあらためて確認しながらも、ルノーのゴーン最高経営責任者(CEO)と今後も協議を続ける姿勢を示した。

ゴーンCEOは仏政府による議決権拡大を目指したルノーの持ち株買い増しは日産自動車<7201.T>との提携を危うくするリスクをはらむとして、政府に計画の撤回を要求した経緯がある。

マクロン経済相はロイターの取材に対し、ゴーン氏に今週、書簡を送り政府の意図を説明したことを認めたうえで、同氏との関係が悪化しているわけではないと説明。「ゴーン氏とは常に連絡を取り合っている。今週も電話で話したが、来週もまた電話協議を行う」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。