フランス経済相、ルノー株を買い増し意向

日産との提携にも影響

 4月24日、マクロン仏経済相は、ルノーの議決権を引き上げる意向であることをあらためて確認しながらも、ゴーンCEO(写真)と今後も協議を続ける姿勢を示した。バルセロナで3月撮影(2015年 ロイター/ALBERT GEA)

[パリ 24日 ロイター] - マクロン仏経済相は24日、仏政府が自動車大手ルノー<RENA.PA>の議決権を引き上げる意向であることをあらためて確認しながらも、ルノーのゴーン最高経営責任者(CEO)と今後も協議を続ける姿勢を示した。

ゴーンCEOは仏政府による議決権拡大を目指したルノーの持ち株買い増しは日産自動車<7201.T>との提携を危うくするリスクをはらむとして、政府に計画の撤回を要求した経緯がある。

マクロン経済相はロイターの取材に対し、ゴーン氏に今週、書簡を送り政府の意図を説明したことを認めたうえで、同氏との関係が悪化しているわけではないと説明。「ゴーン氏とは常に連絡を取り合っている。今週も電話で話したが、来週もまた電話協議を行う」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT