新日鉄住金、出口なき南米拠点の主導権争い

合弁事業をめぐる対立が世界戦略の足かせに

2012年に結んだ株主間協定では、協定内の持ち株比率は新日鉄住金を含む日系企業グループが46.1%で、テルニウムグループの43.3%、従業員年金基金の10.5%を上回る。この比率は現在も変わっていない。

協定の締結に合わせて新日鉄住金とテルニウムは、ウジミナスのCEO(最高経営責任者)にテルニウム出身のフリアン・エグレン氏を据える新たな執行体制で合意。任期は2012年4月からの2年間としていた。

ところが、両社の蜜月関係は突如として終わりを迎える。きっかけは、エグレンCEOを含むテルニウム出身の執行役員3人の報酬をめぐる問題だった。

2014年春に実施されたウジミナスの社内監査で、執行役員3人が受け取った報酬が不正なものである可能性が浮上。同年7月から9月には、2つの外部監査法人によって追加調査が行われた。これと並行する形で、CEOの選任方法についても両社の意見が対立した。

かみ合わない両社の主張

テルニウムのノビヒルCEO

そして激しく火花が散ったのが、2014年9月25日の取締役会だった。

執行役員3人の解任をめぐって、日系グループと一般株主代表が賛成票を投じたのに対し、テルニウムグループと従業員年金基金が反対票を入れた。両陣営の票が真っ二つに割れたため、ペニード議長の裁定で、執行役員3人の解任が決定した。

新日鉄住金は一貫して「コンプライアンス上の違反があったのだから、解任決議は適法かつ有効だ」と主張。

一方のテルニウムは「執行役員の報酬は取締役会で認可されている」と反発。解任決議の無効を裁判所に訴えたほか、同社のダニエル・ノベヒルCEOは「新日鉄住金はウジミナス経営の独占的支配を狙っている」と非難した。

次ページ振り上げた拳をどう下ろすのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT