米無人機攻撃で人質が2人死んでいた

オバマ大統領「遺族に深く謝罪」

 4月23日、米当局は、1月にパキスタンで行ったアルカイダへの無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質が死亡したと明らかにした。死亡した米国人人質の自宅前に手向けられた花、メリーランド州で撮影(2015年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米当局は23日、1月にパキスタンで行った国際武装組織アルカイダに対する無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質2人が死亡したと明らかにした。オバマ大統領は会見で、対テロ作戦の全責任は自分にあるとし、「遺族に対して深く謝罪する」と述べた。

また、こうした問題が再び起きないよう、調査を指示したと明かした。

死亡したのは2011年にアルカイダに拘束された米国人のウォーレン・ワインスタイン氏と、2012年にパキスタンで行方不明になったイタリア人のジョバンニ・ロポルト氏。

米当局に反逆罪で起訴されていた米国人のアルカイダ構成員も、この攻撃の5日後に行われた別の作戦で死亡したという。

今回の人質死亡は、パキスタンやアフガニスタンなどで長年実施され関係国や米人権団体から強い批判を受けてきた無人機攻撃には、後退材料となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT