米無人機攻撃で人質が2人死んでいた

オバマ大統領「遺族に深く謝罪」

 4月23日、米当局は、1月にパキスタンで行ったアルカイダへの無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質が死亡したと明らかにした。死亡した米国人人質の自宅前に手向けられた花、メリーランド州で撮影(2015年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米当局は23日、1月にパキスタンで行った国際武装組織アルカイダに対する無人機攻撃で、米国人とイタリア人の人質2人が死亡したと明らかにした。オバマ大統領は会見で、対テロ作戦の全責任は自分にあるとし、「遺族に対して深く謝罪する」と述べた。

また、こうした問題が再び起きないよう、調査を指示したと明かした。

死亡したのは2011年にアルカイダに拘束された米国人のウォーレン・ワインスタイン氏と、2012年にパキスタンで行方不明になったイタリア人のジョバンニ・ロポルト氏。

米当局に反逆罪で起訴されていた米国人のアルカイダ構成員も、この攻撃の5日後に行われた別の作戦で死亡したという。

今回の人質死亡は、パキスタンやアフガニスタンなどで長年実施され関係国や米人権団体から強い批判を受けてきた無人機攻撃には、後退材料となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT