田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は11日、東日本大震災で被害を受け、操業を停止していた栃木県足利市の足利工場と茨城県神栖市の鹿島工場、千葉県柏市の東日本物流センターが操業再開した、と発表した。3拠点の再稼働によって、今回の震災による田辺三菱の被災施設は、すべて復旧したことになる。

操業再開後の電力制限などの影響については、自家発電による電力確保、休日や勤務時間帯の変更などの対策をとって安定操業を目指す、としている。また、物流センターは震災以降、西日本物流センターからの代替出荷措置をとっていたが、本日より通常の出荷供給体制に戻した。主要製品の供給については、在庫を保有していることに加えて2工場が再開したことで、「安定供給に影響を及ぼすことはない」(田辺三菱)としている。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の足利工場・固形剤棟、田辺三菱製薬HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。