田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は11日、東日本大震災で被害を受け、操業を停止していた栃木県足利市の足利工場と茨城県神栖市の鹿島工場、千葉県柏市の東日本物流センターが操業再開した、と発表した。3拠点の再稼働によって、今回の震災による田辺三菱の被災施設は、すべて復旧したことになる。

操業再開後の電力制限などの影響については、自家発電による電力確保、休日や勤務時間帯の変更などの対策をとって安定操業を目指す、としている。また、物流センターは震災以降、西日本物流センターからの代替出荷措置をとっていたが、本日より通常の出荷供給体制に戻した。主要製品の供給については、在庫を保有していることに加えて2工場が再開したことで、「安定供給に影響を及ぼすことはない」(田辺三菱)としている。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の足利工場・固形剤棟、田辺三菱製薬HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT