三井化学が市原工場の自家発電設備を活用し、7月にも東電に電力供給開始へ【震災関連速報】

三井化学が市原工場の自家発電設備を活用し、7月にも東電に電力供給開始へ【震災関連速報】

三井化学は11日、市原工場(千葉県市原市千種海岸)の自家発電設備で発電する電力の一部を、東京電力に供給する方向で検討していることを明らかにした。

14万キロワット(kw)の発電能力のうち、1万kW程度の電力を7月にも東電に向けて売電する。大口需要家へのピーク時電力削減を求める電力制限令が発動される見込みとなるなど、東電管内では電力不足が深刻化しており、それを少しでも緩和するのが目的だ。

東電への電力供給は、三井化学側から申し出たという。具体的な方策については、今後詰めるが、これまで東電への売電実績がないため、設備面での整備が必要となる。三井化学の市原工場は6月ごろに定期修理を予定しており、その時期に合わせて設備対応を進めるとみられる。

市原工場は、ナフサ(粗製ガソリン)を原料に石化製品の基礎原料となるエチレンやプロピレン、B−B留分などを生産している。これらの基礎原料が、コンビナート内の化成品メーカーに渡り、合成樹脂や合成ゴム、合成繊維原料、界面活性剤などの石油化学誘導品となる。

石油化学コンビナートは定期修理の時期を除いて、24時間稼働が原則のため、おおむね自家発電設備を有している。三井化学の市原工場では、今夏のピーク時に東電からの電力供給量を制限されても、自家発電で賄えるため、操業には影響は出ない見込みだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

(写真は市原工場、三井化学HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。