三井化学が市原工場の自家発電設備を活用し、7月にも東電に電力供給開始へ【震災関連速報】

三井化学が市原工場の自家発電設備を活用し、7月にも東電に電力供給開始へ【震災関連速報】

三井化学は11日、市原工場(千葉県市原市千種海岸)の自家発電設備で発電する電力の一部を、東京電力に供給する方向で検討していることを明らかにした。

14万キロワット(kw)の発電能力のうち、1万kW程度の電力を7月にも東電に向けて売電する。大口需要家へのピーク時電力削減を求める電力制限令が発動される見込みとなるなど、東電管内では電力不足が深刻化しており、それを少しでも緩和するのが目的だ。

東電への電力供給は、三井化学側から申し出たという。具体的な方策については、今後詰めるが、これまで東電への売電実績がないため、設備面での整備が必要となる。三井化学の市原工場は6月ごろに定期修理を予定しており、その時期に合わせて設備対応を進めるとみられる。

市原工場は、ナフサ(粗製ガソリン)を原料に石化製品の基礎原料となるエチレンやプロピレン、B−B留分などを生産している。これらの基礎原料が、コンビナート内の化成品メーカーに渡り、合成樹脂や合成ゴム、合成繊維原料、界面活性剤などの石油化学誘導品となる。

石油化学コンビナートは定期修理の時期を除いて、24時間稼働が原則のため、おおむね自家発電設備を有している。三井化学の市原工場では、今夏のピーク時に東電からの電力供給量を制限されても、自家発電で賄えるため、操業には影響は出ない見込みだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

(写真は市原工場、三井化学HPより)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT