ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニ受け付けを11日から再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニ受け付けを11日から再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニエンスストアでの受け付けを11日から再開した。

福島県を発着するメール便も再開しているが、コンビニでは取り扱っていない。

これら4県では、一部地域を除き、配達日数も通常化している。一部地域とは、福島県下のいわき市、相馬市、南相馬市、田村市、相馬郡のことで、これら地域では通常の日数に加え、1日から2日を要する可能性がある。

福島第一原発周辺の立ち入り禁止や屋内避難対象の双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村) 、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部ではメール便を取り扱っていない。

岩手県、宮城県を発着するメール便はなお休止中だ。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。