ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニ受け付けを11日から再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニ受け付けを11日から再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でメール便のコンビニエンスストアでの受け付けを11日から再開した。

福島県を発着するメール便も再開しているが、コンビニでは取り扱っていない。

これら4県では、一部地域を除き、配達日数も通常化している。一部地域とは、福島県下のいわき市、相馬市、南相馬市、田村市、相馬郡のことで、これら地域では通常の日数に加え、1日から2日を要する可能性がある。

福島第一原発周辺の立ち入り禁止や屋内避難対象の双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村) 、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部ではメール便を取り扱っていない。

岩手県、宮城県を発着するメール便はなお休止中だ。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT