リッチモンドホテル「こだわり朝食」提供の舞台裏 出張先の土地の思い出にご当地メニューを提供

拡大
縮小
「カツオのたたき」など、各地でご当地メニューを提供(写真:ロイヤルホールディングス)

「宿泊を伴う国内出張」が回復してきた。今回、仕事関係者を通じて出張時の「ビジネスホテル選び」を調べたところ、重視するのは「朝食」「大浴場」「駅近」だった。

その朝食にこだわるのが「リッチモンドホテル」(運営はロイヤルホールディングス傘下のアールエヌティーホテルズ)だ。調査機関の定例調査「顧客満足度」も高い。その理由に迫った。

飲食系の強みで、地方色豊かな「朝食」に

「リッチモンドホテルは、現在国内に43施設(2023年4月末現在)あり、施設の立地に合わせた個性豊かな朝食メニューを提供しています。ビュッフェ形式ですが、例えば北海道の帯広では豚丼、札幌では味噌ラーメン。山形では芋煮、浜松では静岡おでん、姫路では明石焼き、高知ではカツオの漬け丼などを揃えています」

アールエヌティーホテルズの本山浩平社長はこう話す。同社の歴代社長に比べて若く、2020年秋の社長交代発表時は42歳。経営企画室長を務めていたとはいえ、「私が一番驚いた」という社長職打診だった。現在はロイヤルHD執行役員〈ホテル事業担当〉も兼務する。

さて、同ホテルが朝食に注力できる理由は何だろう。

「グループ会社に『ロイヤルホスト』『天丼てんや』などがあり、空港や高速エリアでも飲食施設を運営しています。そのため、スケールメリットを生かした食材の一括調達ができ、セントラルキッチンで、均質化・安定化の視点で製造する人材もいるのです」(本山社長)

2019年3月に開業した「天神西通」(福岡県福岡市)はロイヤルホストを併設(2019年夏、筆者撮影)

食事メニューや客室内のアメニティ選びは、各施設の支配人やスタッフに一定の裁量がある。同ホテルはアルバイトから社員に登用された人が多く、抜擢人事も珍しくない。実は本山社長もアルバイト出身。アメリカの州立大学に進学して卒業後に帰国。20年前、時給800円のバイトからホテルマン人生がスタートした。

アールエヌティーホテルズの本山浩平社長(写真:ロイヤルホールディングス)
次ページ「その土地」を印象づける「最後の体験」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT