「インプレッサ」AWDより軽快なFWDが期待以上 サーキット試乗で感じた「見識の高い」進化

✎ 1〜 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 53
拡大
縮小
インプレッサとして6代目となる新型モデルにサーキットで試乗した(写真:SUBARU)

6代目となったスバル「インプレッサ」のプロトタイプに2023年4月下旬、乗るチャンスがあった。おとなしめの外観だけれど、走りは洗練されているのが印象的だ。

インプレッサといえば、3代目(2007年発売)までは「WRX」に代表されるスポーツセダンのイメージが強かった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのあと、コンセプトが変更されていき、今回、2023年4月20日に価格が発表された新型は、おとなっぽさを感じるハッチバックになった。

そっち(高性能セダン)がほしいひとには、202kWの2.4リッター「WRX  S4」が用意されている。ただし、高性能エンジン車は今後、燃費規制の影響を受け、姿を消していくんじゃないか。

ここはそれを憂える場所ではないので、インプレッサに話題を集中させよう。

思惑あれどデキはよし

新しいインプレッサは、ベーシックなところで乗る人を楽しませてくれる内容になっている。カミソリのような切れ味はないけれど、乗ればいい気分になれると思う。

今回の6代目インプレッサが5ドアハッチバックのみとなったのは、独立したトランクを持つセダン人気がふるわないことも、大きい。

ハッチバックだけになったのには、もう1つ理由がありそうだ。ひと足先に登場した「クロストレック」と共用パーツをできるだけ増やすため、だろう。

今回のモデルよりセダンの「G4」は廃止されている(写真:SUBARU)

SUV流行りの昨今、大きな市場が見込めないのに、無駄にコストをかけたくないというメーカーの思惑が、最新のインプレッサを生んだといえるかもしれない。

でも、インプレッサ、プロトタイプに乗ったらかなりよいデキで、うれしくなった。先代もいいクルマだったけど、6代目はさらに磨きがかかった感じだ。

先代から「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を引き継いで、それをさらに改良したのが今回の6代目。

まだプロトタイプと呼ばれ、ナンバープレートを持っていないクルマだったので、一般道でなく小さめのサーキットで、2.0リッターのマイルドハイブリッドに乗った。サーキットを走るのは、逆にめったにできない体験で、インプレッサのポテンシャルの高さがわかった気がする。

次ページ先代だって悪くはないけど…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT