「ジムで接待」、なぜ米国の新定番になったか

マティーニランチはもう古い!

 4月20日、米ビジネスマンの間で、クライアントと一緒にジョギングをしたり、スポーツクラブでヨガなどのクラスに参加することが流行している。写真は2011年4月、ニューヨークのジムで(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - スポーツクラブで接待はいかが──。米国のビジネスマン、ビジネスウーマンの間では、クライアントと一緒にウオーキングやジョギングをしたり、スポーツクラブでヨガなどのクラスに参加することが、大流行している。今や、バーやレストランで顧客を接待するのは時代遅れだ。

これまでの接待といえば、いわゆる「スリー・マティーニ・ランチ」が定番。アルコールを飲み、豪華なランチを取りながらビジネスの話をしていたが、今は運動後のスムージーが新たな定番となっている。

広告会社幹部のサラ・シチリアーノさん(32)もその1人。シチリアーノさんはよく、クライアントをジムで接待するといい「あまり営業ということを意識せず、顧客との連帯感を味わえる」と話している。

スポーツクラブでの接待は広告業界で始まったとされるが、今では法律や銀行など、伝統的に保守的とされる業界にも広がっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。