保土谷化学工業の郡山工場は震災前の操業水準目指す。11年度は計画停電響くか【震災関連速報】

保土谷化学工業の郡山工場は震災前の操業水準目指す。11年度は計画停電響くか【震災関連速報】

保土谷化学の郡山工場(福島県郡山市)は4月1日から生産を再開した。被害の程度は比較的軽く、「速やかに震災以前の操業水準に戻したい」としている。

大震災を受け、郡山工場と隣接する子会社・日本パーオキサイド(郡山工場、過酸化水素を生産)はともに操業を停止していたが、配管漏れの修繕など設備の点検・復旧作業が終わり、郡山工場は4月1日から操業再開、日本パーオキサイドも4月7日から操業を開始した。建屋の補修はまだ完了していないものの、生産に支障はない。

被害額や操業損の詳細は現在見積もり中だが、「私見を言えば、10年度(11年3月期)は(最終赤字とか収支ゼロ圏とか)大きく下方修正することにはならないのではないか」(松野眞一・経営企画部長)。操業停止中は在庫の出荷でしのぎ、「顧客に対してもそれほど迷惑はかけずに済んだ」模様。設備の被害が比較的軽微だったことから、生産再開後は「早めに元の操業水準に戻したい」としている。

しかし、11年度(12年3月期)は不確定要因が多い。郡山は距離的に福島第一原発に近く、一部の顧客から、放射線量や通関手続き(検査や証明書の必要性の有無)について問い合わせが寄せられている。また、現在、郡山地区は計画停電から外されているが、夏場には計画停電の対象に加えられる可能性もある。計画停電が実施されれば、連続生産を前提としている過酸化水素は、大きく効率性を阻害される。会社側は「11年度の業績見通しについては、5月13日の10年度決算発表までに固めたい」としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT