3000台のパソコンを被災地へ、日本マイクロソフトが東日本大震災被災地支援を拡充

3000台のパソコンを被災地へ、日本マイクロソフトが東日本大震災被災地支援を拡充

東日本大震災を受けて、日本マイクロソフトも、さまざまな支援を行っている。3月15日に第1弾の支援策を発表して以降、18日、22日、4月1日と4回にわたって支援内容を追加・拡充してきた。

支援の内容は大きく3つに分けることができる。まずは一定期間、クラウドサービス「ウィンドウズ・アジュール」を無償提供する支援だ(当初90日だったが、4月1日に非営利法人向けを1年、政府、自治体など公共組織向けを6カ月へ延長)。具体的には、既存のウィンドウズシステムをアジュールへ移行する支援を行うほか、情報提供サイトなど新しいサイトの構築支援を行っている。4月4日までに100件以上の申し込みがあるという。

その代表例が、文部科学省の放射線情報提供サイト(http://www.mext.go.jp)。これは、文科省からの要請に基づき、3月19日に1日でつくりあげたものだという。そのほか、アクセスが集中している岩手県庁、東北電力、日本赤十字などのウェブサイトのミラーサイトを構築した。

2つ目の支援がポータルサイトであるMSNなどを通じた情報提供だ。復興支援の特設サイト「Support Japan明日のためにできること」(http://extras.jp.msn.com/supportjapan)には、被災者のメンタルケア、生活支援、節電情報などを集約して掲載。放射線の調査結果を地図上にわかりやすくプロットした「全国放射能水準マップ」(http://eastjapaneq.jp.msn.com/housyanou)も公開した。さらに、東京電力の最新の計画停電スケジュールをOutlookなどのカレンダーと同期できるサービスや、ウィンドウズパソコンの賢い節電方法の提供なども行っている。

避難所にパソコンを設置

 3つ目の支援が被災地へのパソコン提供。樋口泰行社長は「被災地にはインターネット環境がないところも多い。しかし自治体などが発信する最新情報はインターネットがなければ知ることができない。そこでまずは避難所3カ所にパソコンを10台ずつ設置したところ、ものすごく感謝された」と言う。

この支援を今後、いっそう強化していく。パソコンメーカーや通信会社などのパートナー企業と手を組むことで、6月までに3000台設置することが目標。「ITキャラバンという形で特別部隊をつくって避難所を回っていく。重要なことは設置すれば終わりではない、ということ。お年寄りが多いため、丁寧なオリエンテーションをしていきたい」(樋口社長)。

パートナー企業からの要請、世界中のマイクロソフト社員からのアイデア--次々に新しい支援プランが浮上しているという。今後、さらに支援策は拡充していきそうだ。
(山田俊浩 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。