フィギュア国別対抗戦、日本2位スタート

米国48点、日本・ロシア43点

 4月16日、フィギュアスケートの世界国別対抗戦は、東京・国立代々木競技場で開幕し、日本は43点をマークし、米国の48点に次ぐ2位につけた。写真は男子SPで1位だった羽生結弦(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[16日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は16日、東京・国立代々木競技場で開幕し、日本は43点をマークし、米国の48点に次ぐ2位につけた。3位は日本と同じく43点のロシア。

羽生結弦が男子ショートプログラム(SP)で96.27点を出し、2位に9.14点差をつけて1位に。無良崇人は82.04点で4位だった。

女子SPでは、村上佳菜子が62.39点で5位、宮原知子が60.52点で6位。アイスダンスのショートダンス(SD)でキャシー・リード、クリス・リード組は49.99点で6位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT