フィギュア国別対抗戦、日本2位スタート

米国48点、日本・ロシア43点

 4月16日、フィギュアスケートの世界国別対抗戦は、東京・国立代々木競技場で開幕し、日本は43点をマークし、米国の48点に次ぐ2位につけた。写真は男子SPで1位だった羽生結弦(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[16日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は16日、東京・国立代々木競技場で開幕し、日本は43点をマークし、米国の48点に次ぐ2位につけた。3位は日本と同じく43点のロシア。

羽生結弦が男子ショートプログラム(SP)で96.27点を出し、2位に9.14点差をつけて1位に。無良崇人は82.04点で4位だった。

女子SPでは、村上佳菜子が62.39点で5位、宮原知子が60.52点で6位。アイスダンスのショートダンス(SD)でキャシー・リード、クリス・リード組は49.99点で6位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。