フィギュア世界選手権、羽生結弦は連覇逃す

女子の宮原知子は銀メダル

3月28日、フィギュアスケートの世界選手権、男子では前回覇者の羽生結弦が2位に終わり、2連覇を逃した(2015年 ロイター/Carlos Barria)

[28日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は28日、上海で競技を行い、男子では前回覇者の羽生結弦が2位に終わり、2連覇を逃した。

羽生はショートプログラム(SP)1位だったが、フリーでは3位。合計271.08点だった。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が273.90点で優勝した。小塚崇彦は12位。無良崇人は16位だった。

女子フリーではエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が合計210.36点で優勝。宮原知子はシーズンベストの193.60点で銀メダルを獲得した。本郷理華は6位。村上佳菜子は7位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。