フィギュア世界選手権、羽生結弦は連覇逃す

女子の宮原知子は銀メダル

3月28日、フィギュアスケートの世界選手権、男子では前回覇者の羽生結弦が2位に終わり、2連覇を逃した(2015年 ロイター/Carlos Barria)

[28日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は28日、上海で競技を行い、男子では前回覇者の羽生結弦が2位に終わり、2連覇を逃した。

羽生はショートプログラム(SP)1位だったが、フリーでは3位。合計271.08点だった。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が273.90点で優勝した。小塚崇彦は12位。無良崇人は16位だった。

女子フリーではエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が合計210.36点で優勝。宮原知子はシーズンベストの193.60点で銀メダルを獲得した。本郷理華は6位。村上佳菜子は7位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT