動画速報!ドバイワールド杯、日本馬は惨敗

世界最高賞金600万ドルを勝ち取ったのは?

提供:ロイター(音量にご注意ください)

3月28日21時(日本時間の3月29日2時)、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ・メイダン競馬場にて、世界最高賞金(総額1000万ドル、1着が600万ドル)を誇るワールドカップが行われた。優勝したのは地元UAEの「プリンスビショップ」だった。

9頭が出走した同レースに日本馬は2頭参戦。幸英明騎手騎乗の「ホッコータルマエ(2番)」(西浦勝一調教師)は5着、クリストフ・スミヨン騎手騎乗の「エピファネイア(8番)」(角居勝彦調教師)は、最下位に沈んだ。2011年のヴィクトワールピサ勝利以来の日本馬2頭目の勝利は叶わなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。