動画速報!ドバイワールド杯、日本馬は惨敗

世界最高賞金600万ドルを勝ち取ったのは?

提供:ロイター(音量にご注意ください)

3月28日21時(日本時間の3月29日2時)、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ・メイダン競馬場にて、世界最高賞金(総額1000万ドル、1着が600万ドル)を誇るワールドカップが行われた。優勝したのは地元UAEの「プリンスビショップ」だった。

9頭が出走した同レースに日本馬は2頭参戦。幸英明騎手騎乗の「ホッコータルマエ(2番)」(西浦勝一調教師)は5着、クリストフ・スミヨン騎手騎乗の「エピファネイア(8番)」(角居勝彦調教師)は、最下位に沈んだ。2011年のヴィクトワールピサ勝利以来の日本馬2頭目の勝利は叶わなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。