動画速報!ドバイワールド杯、日本馬は惨敗

世界最高賞金600万ドルを勝ち取ったのは?

提供:ロイター(音量にご注意ください)

3月28日21時(日本時間の3月29日2時)、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ・メイダン競馬場にて、世界最高賞金(総額1000万ドル、1着が600万ドル)を誇るワールドカップが行われた。優勝したのは地元UAEの「プリンスビショップ」だった。

9頭が出走した同レースに日本馬は2頭参戦。幸英明騎手騎乗の「ホッコータルマエ(2番)」(西浦勝一調教師)は5着、クリストフ・スミヨン騎手騎乗の「エピファネイア(8番)」(角居勝彦調教師)は、最下位に沈んだ。2011年のヴィクトワールピサ勝利以来の日本馬2頭目の勝利は叶わなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT