風営法専門もいます!「行政書士」というお仕事 1万種類以上ある許認可申請なら何でもござれ

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

許認可申請だけじゃない。コロナ禍を逆手に取り、飲食店では開業許可から給付金申請へとシフトチェンジ。この仕業、まだやれることは多い。

行政書士のバッジ
許認可の申請は官庁や自治体ごとに手続きが異なる。開業許可をもらうだけでも面倒で、書類の作成などを代行する行政書士の役割は重要だ(写真:mapo / PIXTA)

特集「食える資格と検定&副業100」の他の記事を読む

会社だけに依存せず、学び直し(リスキリング)によって、資格や検定、ときに副業にも挑戦する人は多い。『週刊東洋経済』4月29日-5月9日合併特大号では「食える資格と検定&副業100」を特集。効果的に自分の市場価値を高められるコストパフォーマンスに優れた100種類の資格や検定、収入が得られる副業を紹介する(この記事は雑誌の特集にも掲載しています)
週刊東洋経済 2023年4/29・5/6合併特大号[雑誌](食える資格と検定&副業100)
『週刊東洋経済 2023年4/29-5/6号は「食える資格と検定&副業100」を特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。バックナンバー常備店はこちら

「街の法律家」とも呼ばれる行政書士の主な仕事といえばやはり許認可の申請だ。省庁や役所、警察署など官公署に提出する、個人や法人の書類の作成や手続きの代行である。身近なところでは、飲食店やドラッグストア、リサイクルショップなどの開業許可がそれに当たる。

日本には許認可の数が1万種類以上もあるといわれており、管轄する官庁や地方自治体によって手続き方法が違うことが多い。法的には店を開く当事者が手続きできるが、手間がかかったり手続きが難しかったりするため、行政書士に頼みたいというニーズは高い。

ほかにも行政書士は、契約書や内容証明、遺産分割協議書など、さまざまな書類の作成も行っている。

次ページ覚える順番は憲法、民法、行政法
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内