DOWAホールディングスは5事業所のうち3事業所が再開、残りも4月上旬には稼働【震災関連速報】

DOWAホールディングスは5事業所のうち3事業所が再開、残りも4月上旬には稼働【震災関連速報】

非鉄金属大手のDOWAホールディングスは、東日本大震災の影響で操業を停止していた秋田県内5事業所のすべてが4月上旬までに復旧する見通しだ。うち3事業所では3月末までに復旧。残りの2事業所も4月上旬には再開する予定だ。

操業を再開したのは、事業子会社であるDOWAエコシステム傘下のエコシステム秋田(秋田県大館市花岡町)、エコリサイクル(秋田県大館市花岡町)、DOWAエレクトロニクス傘下のDOWAセミコンダクター秋田(秋田県秋田市飯島)。いずれも電力や上下水道などが復旧しており、被害状況を点検した結果、設備の被害はなかったことを確認した。

DOWAメタルマイン傘下の秋田製錬(秋田県秋田市飯島)、小坂製錬(秋田県鹿角郡小坂町)の二つはまだ操業停止中だが、これは一度停止した製錬所を再び立ち上げるのに時間を要するため。設備には特に被害はなく、電力確保の見通しも立っているため4月上旬には再開する。
(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。