風評被害?日本郵船のアライアンス先・独ハパックロイドが一部日本を「抜港」【震災関連速報】

風評被害?日本郵船のアライアンス先・独ハパックロイドが一部日本を「抜港」【震災関連速報】

これも福島第一原発事故の風評被害か−−。日本郵船とコンテナ船のスペース(貨物輸送能力)を融通しあう業務提携関係、「グランド・アライアンス(GA)」を結んでいる独ハパックロイドが、寄港を予定していた東京、横浜、名古屋、神戸の各港のうち、神戸港のみに寄港し、他の寄港をしない「抜港」を行ったことが海運業界で大きな波紋を呼んでいる。

日本郵船の工藤泰三社長によれば、国土交通省等を通じて独当局などに働きかけるなどして、現在は名古屋港への寄港は再開している。名古屋港から目的地への輸送経路を構築するなどして、「極端な影響はかろうじて出ていない」と工藤社長は涼しげな顔だが、長年の業務提携相手の心ない対応に、内心ははらわたが煮えくり返っている様子。

3月31日現在、独ハパックロイドは、東京、横浜の各港の抜港を解いていないもようだ。
 

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT