風評被害?日本郵船のアライアンス先・独ハパックロイドが一部日本を「抜港」【震災関連速報】

風評被害?日本郵船のアライアンス先・独ハパックロイドが一部日本を「抜港」【震災関連速報】

これも福島第一原発事故の風評被害か−−。日本郵船とコンテナ船のスペース(貨物輸送能力)を融通しあう業務提携関係、「グランド・アライアンス(GA)」を結んでいる独ハパックロイドが、寄港を予定していた東京、横浜、名古屋、神戸の各港のうち、神戸港のみに寄港し、他の寄港をしない「抜港」を行ったことが海運業界で大きな波紋を呼んでいる。

日本郵船の工藤泰三社長によれば、国土交通省等を通じて独当局などに働きかけるなどして、現在は名古屋港への寄港は再開している。名古屋港から目的地への輸送経路を構築するなどして、「極端な影響はかろうじて出ていない」と工藤社長は涼しげな顔だが、長年の業務提携相手の心ない対応に、内心ははらわたが煮えくり返っている様子。

3月31日現在、独ハパックロイドは、東京、横浜の各港の抜港を解いていないもようだ。
 

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。