【メンタル不調を改善】精神科医が勧める食事術 心を元気にする栄養素・4つの"タシテヨ食材"

拡大
縮小

毎日の食事は、できる限り誰かと一緒にとりたい。1人で食事をしていると、どうしても食べる速度が速くなる、スマホやテレビなどを見ながらよくかまずに食事を続けてしまう可能性も。

「よくかんで食べることは消化吸収を助け、効率的な栄養摂取につながるだけでなく、かむことで脳の血行が促され、環境や記憶に関わる海馬や前頭葉が活性化するなど脳の健康にも好ましいことがわかっています。

また、ゆっくり味わって食べることで、血糖値の急上昇を防ぐこともできるので、糖尿病や肥満のリスクを減らすこともできるのです」

1人で食事をとる場合は、できる限りゆっくり、ひと口当たり30回はしっかりとかむようにしたい。

白米→玄米、ちょっとした変更でOK

手軽に「うつ抜け食品」の摂取を!

・白米→玄米

ビタミンやミネラル、食物繊維をより効率的に摂取するためにも白米や白いパンなど精製された食材ではなく、自然に近い玄米や全粒粉タイプを選んで。

・ジュース→緑茶

緑茶に含まれるテアニンにはリラックス効果や睡眠改善効果があるとされ、週に4杯程度の摂取でもうつ病抑制効果が期待できることがわかっている。

手軽に「うつ抜け食品」の摂取を!(イラスト:週刊女性PRIME編集部)
食べ方のひと工夫で心まで元気に!
・朝食はしっかり夜は控えめに!
食事をとると体内時計がリセットされ、活動モードに入るため、朝はしっかりと栄養をとることが重要。
反対に夜は栄養を多く摂取しても使われることなく身体に蓄積されてしまうので、控えめにして肥満も予防。
・食事は誰かと一緒に
食事は気の置けない友人や家族と一緒にコミュニケーションを取りながら楽しんで。誰かと一緒に食事すると早食いやながら食べを防げ、糖尿病や肥満の予防にも。
次ページ肥満なのに栄養不足、NG食品に要注意!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT