メイコーは宮城、福島工場の被害甚大。復旧の見通したたない【震災関連速報】

メイコーは宮城、福島工場の被害甚大。復旧の見通したたない【震災関連速報】

プリント回路基板大手メーカーメイコーの東日本大震災の被災状況は深刻。東北拠点の3工場のうち、福島、宮城の2工場で操業停止が続いている。

宮城工場(宮城県石巻市重吉町)は津波による被害が甚大だった。設備の倒壊や土砂の堆積が著しく再稼働の見通しは立っていない。また、従業員390人のうち、2人死亡、4人が安否未確認と人的被害も大きい。 

福島工場(福島県双葉郡広野町)でも、原発事故の避難勧告の対象範囲内にあることから、工場に立ち入りができない状況。復旧の見通しは立っていない。
 
 今回の被災によって生産能力の低下は必至。福島、宮城両工場は売上高の約12%を占める。現在、メイコーは神奈川工場や稼動を再開した山形工場、中国の広州・武漢両工場での代替生産を急いでいる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT