JR西日本、「大阪駅リベンジ」の仕掛けとは?

コンセプトは「百貨店と専門店の融合」

地下2階~10階まで、ルクア イーレには158の店がある(撮影:梅谷秀司)

ルクアプロジェクトには伊勢丹側からも営業のトップクラスの人材が参加。議論に議論を重ね、「三越伊勢丹」の中で客を集めていたメンズ、レディス売り場を中心に、専門店がぐるりと出店するという基本コンセプトが固まった。

百貨店と専門店の融合は、「今までありそうでなかった形態」(山口社長)だという。新店名「ルクア イーレ(LUCUA 1100)」の「イーレ」とは、ドイツ語で「お客様」を意味するというが、専門店の1000(せん)と百貨店の100(ひゃく)を足した造語でもある。ここには、特定のターゲットに強い専門店と、品質に安定感のある百貨店のよさを足し合わせるという思いが込められているという。

ちなみに、イーレに出店する158店のうち、全国初出店が28、西日本初出店も33店ある。

年商目標はリニューアル前の4割増

ルクアとルクア イーレを合わせて初年度の年商目標は770億円。ルクアの年商を350億円とすると、イーレには年商420億円が要求されていることになる。ルクア イーレの店舗面積はルクアの1.65倍あることを考えれば達成可能にも見えるが、三越伊勢丹の年商が300億円程度にとどまったことを振り返ると、その4割増である420億円は簡単な目標ではない。

目まぐるしく変化する消費者の要望に、”百貨店と専門店の融合"は応えられるのか。その答えは、遠くない将来に明らかになるだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング