JR西日本、「大阪駅リベンジ」の仕掛けとは? コンセプトは「百貨店と専門店の融合」

印刷
A
A
地下2階~10階まで、ルクア イーレには158の店がある(撮影:梅谷秀司)

ルクアプロジェクトには伊勢丹側からも営業のトップクラスの人材が参加。議論に議論を重ね、「三越伊勢丹」の中で客を集めていたメンズ、レディス売り場を中心に、専門店がぐるりと出店するという基本コンセプトが固まった。

百貨店と専門店の融合は、「今までありそうでなかった形態」(山口社長)だという。新店名「ルクア イーレ(LUCUA 1100)」の「イーレ」とは、ドイツ語で「お客様」を意味するというが、専門店の1000(せん)と百貨店の100(ひゃく)を足した造語でもある。ここには、特定のターゲットに強い専門店と、品質に安定感のある百貨店のよさを足し合わせるという思いが込められているという。

ちなみに、イーレに出店する158店のうち、全国初出店が28、西日本初出店も33店ある。

年商目標はリニューアル前の4割増

ルクアとルクア イーレを合わせて初年度の年商目標は770億円。ルクアの年商を350億円とすると、イーレには年商420億円が要求されていることになる。ルクア イーレの店舗面積はルクアの1.65倍あることを考えれば達成可能にも見えるが、三越伊勢丹の年商が300億円程度にとどまったことを振り返ると、その4割増である420億円は簡単な目標ではない。

目まぐるしく変化する消費者の要望に、”百貨店と専門店の融合"は応えられるのか。その答えは、遠くない将来に明らかになるだろう。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT