春節消費は序の口?沸騰する中国人猛烈買い

閑散期の小売店には干天の慈雨

ラオックスの売れ筋は日用品や化粧品 (撮影:梅谷 秀司)

2月23日午後3時。東京・銀座中央通りは紙袋を両手に持った人たちであふれ返る。約15分ごとにやってくる大型バスからはさらに多くの人が降りてくる。彼らが目指すのは、家電量販大手ラオックスの銀座本店だ。

中国の旧正月「春節」休暇(今年は2月18~24日)商戦が過熱している。中国の3大連休の一つで日本を訪れる人も多く、ラオックスでは今回、2014年に比べて来客数が2~3倍に膨らんだ。

高級ウイスキー取り合いに

ビザの発給要件緩和や円安を背景に、14年の訪日中国人数は前年比8割増の約241万人に拡大。購買力もすさまじく、14年10~12月の平均消費額は14万円弱と、外国人平均(6万円弱)を大幅に上回る(観光庁調べ)。2月は閑散期なだけに、新たな商戦期としての期待も大きい。

ラオックスでは店頭に中国で縁起がいいとされる「8」並びの福袋を陳列。3000円台から、高級腕時計や真珠のネックレスが入った888万8888円のものまで、総額10億円、2万点を用意した。

09年に中国・蘇寧電器(現蘇寧雲商)と資本提携し、総合免税店へ方向転換してから中国人客が急増。今では全体の7割を占めるまでになった。

同じく家電量販のビックカメラにも中国人客が詰めかけた。売れ筋は日本製のカメラや炊飯器、過熱水蒸気レンジ。10万円近くする炊飯器などを一人で3~4台購入する人もいたという。約80万円の高級カメラも数台売れた。

高級ウイスキーの人気も高く、「定価約50万円のウイスキーを『2本買うからまけてくれ』というお客さんの後ろから『2本とも定価で買うから売ってくれ』というお客さんが現れた店もあった」(堀越雄・広告宣伝部長)。

次ページ百貨店で売れたものは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT