春節消費は序の口?沸騰する中国人猛烈買い

閑散期の小売店には干天の慈雨

百貨店にとっても春節は干天の慈雨となり、大手では、増税前の駆け込み消費が始まっていた、14年2月の売り上げを上回る見通しだ。

来店客のお目当ては高級時計や化粧品など。中でもロレックスの人気は高く、「時計売り上げの3割を占める」(大丸松坂屋)。最近ではメード・イン・ジャパン製品も人気で「家族連れにはミキハウスの子供服などが売れている」(三越伊勢丹)という。

商戦はむしろこれから

松屋銀座店の免税品売り上げ割合は平時で1割強だが、春節期間中は3割程度に達したもよう。関西の大丸心斎橋店も3割近くに達している。

中国人向け商品の開発にも力が入る。たとえば紳士服ダーバンでは、いかり肩が多い中国人の体型に合わせたスーツ(約14万円)を、三越銀座店限定で販売している。

もっとも、商戦はむしろこれからとの声が多い。総合免税店に時計などを卸すドウシシャのインバウンド担当・加藤亮氏によると、「3~4月の桜の時期に向けて、春節よりすごい引き合いが来ている」。桜の開花に合わせて北上するつわものもおり、「14年は(青森)弘前店で買い物する人も多かった」(ビックカメラの堀越部長)というから、今年も期待が高まる。

こうした中、「在庫を潤沢にし、売れ筋のモノを確保しておきたい」(ラオックス)と、各社とも意欲満々。中国人観光客の勢いは続きそうだ。

「週刊東洋経済」2015年3月7日号<2日発売>「核心リポート06」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT