日立製作所はなお3工場で復旧メド立たず【震災関連速報】

日立製作所はなお3工場で復旧メド立たず【震災関連速報】

7工場が被災した日立製作所。東日本大震災の発生から約2週間が経過したが、7工場のうち3工場は、今も再開のメドが立っていない。

復旧の見通しがついていないのは、日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(同ひたちなか市)、日立ディスプレイズ茂原事業所(千葉県茂原市)の3拠点。日立事業所では発電用のタービンなど、水戸事業所ではエレベーターの主要部品、茂原事業所ではタブレット端末やデジタルカメラに使われる中小型ディスプレイを生産していた。

一方、情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市、制御機器などを製造)、日立アプライアンス多賀事業所(同、掃除機や洗濯機を製造)は3月22日に一部を除いて生産を再開。自動車機器を製造する日立オートモティブシステムズ佐和事業所(同ひたちなか市)と同福島事業所(福島県伊達郡)は、早ければ3月25日にも操業を再開できる見通しという。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT