日立製作所はなお3工場で復旧メド立たず【震災関連速報】

日立製作所はなお3工場で復旧メド立たず【震災関連速報】

7工場が被災した日立製作所。東日本大震災の発生から約2週間が経過したが、7工場のうち3工場は、今も再開のメドが立っていない。

復旧の見通しがついていないのは、日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(同ひたちなか市)、日立ディスプレイズ茂原事業所(千葉県茂原市)の3拠点。日立事業所では発電用のタービンなど、水戸事業所ではエレベーターの主要部品、茂原事業所ではタブレット端末やデジタルカメラに使われる中小型ディスプレイを生産していた。

一方、情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市、制御機器などを製造)、日立アプライアンス多賀事業所(同、掃除機や洗濯機を製造)は3月22日に一部を除いて生産を再開。自動車機器を製造する日立オートモティブシステムズ佐和事業所(同ひたちなか市)と同福島事業所(福島県伊達郡)は、早ければ3月25日にも操業を再開できる見通しという。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。