ホンダは4月3日まで国内自動車生産を停止、海外生産への影響も懸念【震災関連速報】

ホンダは4月3日まで国内自動車生産を停止、海外生産への影響も懸念【震災関連速報】

ホンダは24日、東日本大震災の影響による国内自動車生産の停止時期を、4月3日まで延長すると発表した。停止時期を延ばすのは震災直後から3回目。部品調達先であるサプライヤーの被災によって、生産に必要な部品が十分にそろわないのが要因とみられる。3月14日からの減産影響分は、軽自動車を含め4万6600台に及ぶ見込みだ。

ホンダは1次サプライヤー110社が被災地域に工場を構え、現時点でそのうちおよそ1割で再開のメドが立っていない。2次・3次サプライヤーも含めると影響はさらに大きい可能性もある。

生産停止を延長するのは、自動車(4輪車)を生産する埼玉製作所狭山工場(埼玉県狭山市)と鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)。ホンダは震災直後に3月14~20日にかけて操業を止めると発表。その後、生産停止時期を2度にわたって延長していた。

2輪車と汎用製品を生産する熊本製作所(熊本県菊池郡)では28日から生産を開始する。震災の影響が大きかった栃木製作所(栃木県真岡市、エンジンや足回り部品を生産)は、ほぼすべての施設と設備の修理・点検が完了したものの、こちらも再開のメドは立っていない。
 
 今後は海外工場への影響も懸念される。同社の収益市場である北米では4月上旬まで部品在庫が確保されており、現時点で生産への影響は出ていない。北米では部品の9割程度を現地で調達するが、電子部品やトランスミッションの一部は国内から部品供給(KD)されている。他の地域でも状況は変わらず、国内の生産停止がこれ以上長期化すると、海外工場でも減産を余儀なくされる可能性がある。
 
(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT