「プリキュア」が子育てやジェンダー描く深い理由 シリーズ開始から20年、大人からも愛される訳

拡大
縮小

そして、初代の『ふたりはプリキュア』制作時は、戦うシーンでは決して相手の頭を攻撃しない、スカート感を重視せず、中は見せないなどを大切にしていたことが綴られている。改めて制作サイドの真摯な姿勢に胸を打たれてしまう。

20周年を振り返ると、プリキュアの歴史はまるで作り手と受け手の「結晶」のようだ。

「史上初」が多いプリキュア新シリーズ

2023年2月5日からは新シリーズ『ひろがるスカイ!プリキュア』が放送されている。

メインキャラクターとして初の男性プリキュアや、主人公のカラーが「ピンク」ではなく、青だったりと「史上初」の多さに話題が尽きない。

プリキュアはこれからも視聴者の私たちを励まし続けてくれるだろう。今までプリキュアを見たことがない人も、ぜひプリキュアの世界に一度ダイブしてほしい。きっとお気に入りの作品が見つかり、心に響くはずだ。

Tajimax ライター・コレクター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

たじまっくす

東京都出身。2018年からSNSを中心に90年代〜00年代の平成ガールズカルチャーを紹介している。『オリコンニュース』『現代ビジネス』『ビジネスジャーナル』などで平成ガールズカルチャー関連のインタビュー取材ほか、「アーバンライフメトロ」などのウェブサイト、「クイック・ジャパン」に寄稿。90年代〜00年代の平成ガールズカルチャーのコレクターでもあり、古雑誌をメインに膨大なアイテムを所有している。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT