過去最高益目前!トヨタ大復活の真相

数字で読む「トヨタが白鵬」である理由

しかし、材料仕入れから販売に至るまでのスピードというのは、純粋に、その企業努力によって左右されます。これが早い会社は、それだけ収益力が高いのです。

企業努力を示す「棚卸し資産回転期間」

そして、その企業努力がどれだけ功を奏しているかは、数値で示すことができます。それが、「棚卸し資産回転期間」です。これは、下記の計算式で示されます。

これは、貸借対照表の資産の部に記載されている「棚卸し資産」が、損益計算書の「売上原価」の何日分に相当するかを表した指標です。

棚卸し資産は、得意先に販売するために所有している資産であり、販売されると売上原価(費用)になります。さっさと作ってさっさと売っている会社ほど、この数値が小さく(つまり短く)表示されます。

さて、いよいよ本題に入りますが、筆者は過去10年間のトヨタの決算書を入手し、「棚卸し資産回転期間」を計算しました。これが、以下のとおりでした。

これが長いのか短いのがわかりづらいので、同業のホンダと比較してみると、以下のようになります。

棚卸し資産回転期間はトヨタが平均33日であるのに対し、ホンダは55日です。

つまり、ホンダが材料を購入して2カ月弱で製品を販売しているのに対し、トヨタ自動車は、約1カ月で販売してしまうのです。

次ページトヨタの10年を振り返る
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT