追い風だからこそ見える本当の勝ち組企業

円安や特需に頼らない成長モデルとは

上場企業の約7割を占める3月期決算企業にとって、今月末は書き入れ時。4月下旬からその本格的な発表が始まるが、急回復ぶりを見せた前年度に続いて、多くの企業で増益となる見込みだ。

15年3月期の営業利益は32兆円に

東洋経済の最新集計では、金融を除く上場企業(3月期決算で過去10期以上の実績がある2079社が対象)の今2015年3月期業績は、合計営業利益が32兆円と前期比で7%増える見通し。急激に円安が進んで4割近い増益率を記録した前期よりも勢いは鈍るが、3期連続の改善で、過去最高だったリーマンショック直前の2007年度(2008年3月期)とほぼ並ぶ利益水準にまで戻ってきた。

中でも好調が目立つのが、円安の恩恵が大きい輸出企業を中心とする製造業。営業利益32兆円のうち、製造業の合計営業利益は19兆7000億円と前期比で12%増え、2ケタの増益率が続く。業種別では、自動車関連や電気機器・部品、機械などの好調ぶりが際立つ。

こうした中で、過去最高益を更新する企業も続出する。東洋経済の最新業績予想を基に集計したところ、2015年3月期に純利益(最終利益)ベースで最高益更新が予想される企業は実に500社以上。まさに“最高益ラッシュ”と言っていい。

製造業ではトヨタ自動車を始め、マツダ、富士重工業、ダイキン工業、旭化成、積水化学工業、SMC、日立金属、オムロン、ヤクルト本社などが前2014年3月期に続いて連続更新。久々となる企業も多く、三菱電機や住友電気工業は7期ぶり、アルプス電気は9期ぶり、村田製作所は14期ぶりの最高益更新だ。

次ページ製造業だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。