東京ガスは自社発電電力の東電向け供給を拡大、LNGの配船調整など調達面の協力も【震災関連速報】

東京ガスは自社発電電力の東電向け供給を拡大、LNGの配船調整など調達面の協力も【震災関連速報】

東京ガスは、独立系発電事業者(IPP)として自社で発電する電力の東京電力向け供給を増やしている。

同社が全額ないしは部分出資する大型発電所は4カ所で、東京ガスベイパワー(100%出資、発電規模10万キロワット)、東京ガス横須賀パワー(75%、24万キロワット)、川崎天然ガス発電(49%、80万キロワット)、扇島パワー(75%、80万キロワット)。

このうち、横須賀パワーはもともと東京電力向けの供給が主体だが、特定規模電気事業者(PPS)向けに供給している川崎天然ガスなどを中心に、他設備をフル稼働させて「可能な範囲で東京電力の要請に対応している」(同社広報)という。

また、海外からのLNG調達についても、LNG船の配船調整、スワップなどを行うことで、東京電力が優先的に燃料の確保をできるよう、便宜を図っているもようだ。

なお、東京ガスの扇島、根岸、袖ヶ浦の3工場の製造には地震の影響は出ていない。供給面では、11日の地震発生直後に茨城県の日立市全域約3万件と、牛久市、龍ケ崎市、横浜市西区の一部で供給停止になったが、日立市以外は翌日までに復旧を終え、日立市についても19日までに全戸で復旧を完了した。

東京ガスでは、京葉ガス、東部ガス、仙台市ガスの復旧作業の応援のため、作業員の派遣を行っている。

(勝木 奈美子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT