油研工業は袋田工場が一部操業再開だが、部品調達などで影響も【震災関連速報】

油研工業は袋田工場が一部操業再開だが、部品調達などで影響も【震災関連速報】

油圧機器の専業メーカーである油研工業は、東日本大震災で被災した袋田工場(茨城県大子町)で修理が完了したラインから順次、操業を再開している。23日現在の見込みでは、数日内には完全復旧できるという。

ただし、問題は材料や部品の調達。現在は工場内にある在庫を消化して生産しているが、周辺の協力工場も被災したため、今後は部品の調達などで影響を受けそうだ。

また、神奈川県綾瀬市にある本社工場は、計画停電の第1グループに属しており、ほぼ予定どおり停電が実施されている。自家発電設備はないため、一定時間、操業を停止しており、この点も業績にはマイナスとなる。

同社は中国、インドなど海外の需要好調が牽引して業績は回復基調にある。海外販売分の多くは現地生産で対応しているものの、一部の高級品は国内から輸出している。国内にある2工場が生産面で制約を受けることから、輸出にも影響はありそうだ。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。