佐川急便が24日から岩手県、宮城県、福島県での通常集荷や通常配達を再開【震災関連速報】

佐川急便が24日から岩手県、宮城県、福島県での通常集荷や通常配達を再開【震災関連速報】

宅配便大手でSGホールディングス傘下の佐川急便は24日から、一部集配不能エリアを除き、岩手県、宮城県、福島県での通常の集荷や配達を再開する。一部集配不能エリアとは、岩手県下の大船渡市、陸前高田市、久慈市、釜石市、上閉伊郡、下閉伊郡、気仙郡、宮城県下の石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡、亘理郡、福島県下の南相馬市、双葉郡のこと。

これら3県で佐川急便はこれまで営業店止めサービスの再開にとどまっていた。集配不能エリアでは相変わらず営業店止めサービスにとどまる。

このほか4月1日からは全従業員が「がんばろう!日本」のワッペンをつけることにした。

佐川は18日から福島県内の営業店で営業店止めサービスを再開していたが、沿岸部以外の郡山や福島、会津、白河、須賀川などの7店舗にとどまっていた。

佐川は17日に福島を除く東北5県で営業店止めの宅配便の取り扱いを再開。18日には福島県でも営業店止めの取り扱いを再開していた。19日から茨城県全域での集荷・配達サービスを再開。22日には東北6県での代金引換便の取り扱いや、青森県、秋田県、山形県での通常の集荷・配達を再開したほか、被災原発に近いいわき店、相馬店(いずれも屋内待避エリア外)への営業店止めサービスを再開。23日にはいわき店、相馬店から全国への配送を再開した。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT