ダイキン工業はフッ素樹脂など生産の鹿島製作所が依然停止状態、国内自動車産業などに影響か【震災関連速報】

ダイキン工業はフッ素樹脂など生産の鹿島製作所が依然停止状態、国内自動車産業などに影響か【震災関連速報】

ダイキン工業は東日本大震災の影響で、鹿島製作所(茨城県神栖市)の操業を、依然として停止している。

フッ素樹脂などフッ素化学製品の製造拠点である鹿島製作所は、震災後の停電により操業を停止した。その後、電気は復旧したが、水道が復旧していないため、23日午後時点でも操業が止まっている。

原燃料をコンビナート内に頼る他企業と異なり、ダイキン工業は、原料であるホタル石や、ホタル石の加工物である無水フッ酸を、中国から輸入している。そのため、水道が復旧すれば、操業を再開できるが、その水道の再開メドがたっていない。

鹿島製作所は、国内の自動車、半導体、情報通信など多様なメーカーの中間材料であるフッ素樹脂やフルオロカーボン(フッ素のガス)などを供給している。鹿島製作所でしか生産していない品目もあり、「一部、国内メーカーへの供給に影響が出ている」(広報)。現在、「代替生産について検討している」(広報)段階。理論的には、淀川製作所(大阪府摂津市)のほか、アメリカや中国など海外の工場でも代替生産が可能だが、工場認定などの問題があるため、具体的な方針は決まっていない。

また、国内向けエアコン製造の滋賀製作所(滋賀県草津市)と堺製作所(大阪府堺市)でも、東北地方にある複数の部品会社からの供給がストップしている。部品の在庫がなくなれば、生産に影響が出ることも考えられるため、新たな調達先の確保なども視野に入れ、検討している段階だ。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT