シチズンホールディングスは福島のLED工場が再開。他2拠点は停止続く【震災関連速報】

シチズンホールディングスは福島のLED工場が再開。他2拠点は停止続く【震災関連速報】

シチズンホールディングスは東日本巨大地震により停止していた福島のLED工場を操業再開した、と公表した。

再開したのは、福島県田村市にあるシチズン電子のLED(発光ダイオード)工場。地震により建物の損壊はなかったが、東京電力の福島第1原子力発電所から44kmの距離にあるため、従業員の自宅待機を余儀なくされていた。21日まで操業を停止していた。

ただ、避難地域が拡大する懸念が薄れたことで、22日から従業員が出社を開始。工場を再稼働させることが可能になった。同時に、生産移管も進めている。一部のLED製造設備を田村市の工場から山梨県富士吉田市の拠点に移した。

一方、シチズン東北の相馬事業所(福島県相馬郡新地町)やミヤノ本社は操業停止が続いている。どちらも社員が出社しており、設備の精度や電源の動作などを確認しているが、現時点では再開に至っていない(23日12時時点)。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT