シチズンホールディングスは福島のLED工場が再開。他2拠点は停止続く【震災関連速報】

シチズンホールディングスは福島のLED工場が再開。他2拠点は停止続く【震災関連速報】

シチズンホールディングスは東日本巨大地震により停止していた福島のLED工場を操業再開した、と公表した。

再開したのは、福島県田村市にあるシチズン電子のLED(発光ダイオード)工場。地震により建物の損壊はなかったが、東京電力の福島第1原子力発電所から44kmの距離にあるため、従業員の自宅待機を余儀なくされていた。21日まで操業を停止していた。

ただ、避難地域が拡大する懸念が薄れたことで、22日から従業員が出社を開始。工場を再稼働させることが可能になった。同時に、生産移管も進めている。一部のLED製造設備を田村市の工場から山梨県富士吉田市の拠点に移した。

一方、シチズン東北の相馬事業所(福島県相馬郡新地町)やミヤノ本社は操業停止が続いている。どちらも社員が出社しており、設備の精度や電源の動作などを確認しているが、現時点では再開に至っていない(23日12時時点)。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。