「敗者のGYAO!と勝者のU-NEXT」明暗分けた拠所 実は同じルーツ、時代に踊らされたサービスの歴史

拡大
縮小
GYAO!とU-NEXTの歴史を振り返ると、2000年代後半の「日本における動画配信サービス黎明期」が見えてくる(写真:MediaFOTO/PIXTA)

2023年3月でのサービス終了が発表された無料動画配信サービス「GYAO!(ギャオ)」と、サブスクリプション型の有料動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」が、もともと同じルーツを持っていたことをご存じだろうか。

時代に左右されたGYAO!とU-NEXTの歴史を振り返ると、2000年代後半の「日本における動画配信サービス黎明期」が見えてくる。

18年愛された「GYAO!」の終了発表 

2023年1月16日、Zホールディングス(HD)と、同グループのヤフー、GYAOの3社は、3月31日をもって、「GYAO!」を終了すると発表した。動画領域の経営資源を、ZHDグループのLINEなどが運営する縦型動画サービス「LINE VOOM」に集中することを理由としている。

これに先駆けて、LINEのライブ動画配信サービス「LINE LIVE」と「LINE LIVE-VIEWING」も、経営資源の集中を理由に、3月末に終了すると発表された。なお2023年度中に、LINE VOOMへライブ配信と視聴機能を追加予定で、そちらを後継サービスとする方針だ。

GYAO!は、ミュージシャンのプロモーションビデオや、ドラマやバラエティ、アニメなどのテレビ番組(過去の名作から、最新作の見逃し配信まで)などを配信するほか、放送局とタッグを組んだ、オリジナルコンテンツも手がけている。

とくに意欲的なのは、ラジオ番組の映像版スピンオフで、元SMAP木村拓哉さんの「木村さ~~ん!」(TOKYO FM「木村拓哉 Flow」とのコラボ)や、とんねるず木梨憲武さんの「木梨の貝。」(TBSラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」)、元乃木坂46山崎怜奈さんの「山崎怜奈の#ダレマナ 〜誰かに学びたかったこと〜」(TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」)といった番組を独占配信している。

18年愛されたGYAO!の終了発表を受けて、ツイッターでは惜しむ声が相次いでいる。

「GYAOが一番好きやのに悲し過ぎるよ…」

「たくさんの幸せをありがとうございました」

「最近になって古いアニメとかを見る習慣ができていたんで残念ですね」

次ページGYAO!を生み出したのは、有線放送事業者のUSEN
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT