トヨタは生産停止を26日まで延長、影響台数は14万台に、28日以降の生産再開も未定【震災関連速報】

拡大
縮小
トヨタは生産停止を26日まで延長、影響台数は14万台に、28日以降の生産再開も未定【震災関連速報】

トヨタ自動車は22日、国内全工場と系列車体メーカーにおける完成車の生産停止を26日まで延長すると発表した。26日は土曜日だが、トヨタ車体・いなべ工場など一部の工場で休日稼働を計画していた。

トヨタは東日本大震災の発生翌週の14日から生産停止を続けており、影響台数は14万台にのぼる見通し。部品の調達が難航しているためで、とくに電子部品、樹脂、ゴムなどの調達が難しいという。27日は日曜のため休みだが、28日以降に生産を再開するかどうかも現時点では未定だ。

補修部品については、17日から生産を再開している。海外生産用の部品も21日から生産し始めた。

 トヨタの生産停止を受け、トヨタ系の部品メーカーでもトヨタ向けの部品生産を止めている。最大手のデンソーは直接の被害は受けていないが、14日からトヨタ向けのラインを停止中。アイシン精機など、ほかの系列部品メーカーでも同様の措置をとっている。

西村 豪太 東洋経済 コラムニスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしむら ごうた / Gota Nishimura

1992年に東洋経済新報社入社。2016年10月から2018年末まで、また2020年10月から2022年3月の二度にわたり『週刊東洋経済』編集長。現在は同社コラムニスト。2004年から2005年まで北京で中国社会科学院日本研究所客員研究員。著書に『米中経済戦争』(東洋経済新報社)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT