トヨタは生産停止を26日まで延長、影響台数は14万台に、28日以降の生産再開も未定【震災関連速報】

トヨタは生産停止を26日まで延長、影響台数は14万台に、28日以降の生産再開も未定【震災関連速報】

トヨタ自動車は22日、国内全工場と系列車体メーカーにおける完成車の生産停止を26日まで延長すると発表した。26日は土曜日だが、トヨタ車体・いなべ工場など一部の工場で休日稼働を計画していた。

トヨタは東日本大震災の発生翌週の14日から生産停止を続けており、影響台数は14万台にのぼる見通し。部品の調達が難航しているためで、とくに電子部品、樹脂、ゴムなどの調達が難しいという。27日は日曜のため休みだが、28日以降に生産を再開するかどうかも現時点では未定だ。

補修部品については、17日から生産を再開している。海外生産用の部品も21日から生産し始めた。

 トヨタの生産停止を受け、トヨタ系の部品メーカーでもトヨタ向けの部品生産を止めている。最大手のデンソーは直接の被害は受けていないが、14日からトヨタ向けのラインを停止中。アイシン精機など、ほかの系列部品メーカーでも同様の措置をとっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。