挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

タイトルの「挫折力」とは、「挫折を愛し、乗り越え、活かしていく力」のことだ。否定的なイメージの「挫折」だが、それを経験した人間は、ビジネスで最も必要な「打たれ強さ」を手に入れられる。そして何より、「己を知る」ことができ、それこそが成長への近道となるという。

挫折に打ち勝つ力は、「人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする技を身につけ」、ストレス耐性を高めることから始まる。同時に、しがらみやこだわりを捨てる覚悟も持つ。会社でいえば、下手な延命措置はむしろ寿命を縮める。

数々の企業を再生させたプロフェッショナルによって、不安定な時代を愉快に生き抜くための前向きな方法論が提示される。

PHPビジネス新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT