挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

タイトルの「挫折力」とは、「挫折を愛し、乗り越え、活かしていく力」のことだ。否定的なイメージの「挫折」だが、それを経験した人間は、ビジネスで最も必要な「打たれ強さ」を手に入れられる。そして何より、「己を知る」ことができ、それこそが成長への近道となるという。

挫折に打ち勝つ力は、「人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする技を身につけ」、ストレス耐性を高めることから始まる。同時に、しがらみやこだわりを捨てる覚悟も持つ。会社でいえば、下手な延命措置はむしろ寿命を縮める。

数々の企業を再生させたプロフェッショナルによって、不安定な時代を愉快に生き抜くための前向きな方法論が提示される。

PHPビジネス新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。