挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

挫折力 一流になれる50の思考・行動術 冨山和彦著

タイトルの「挫折力」とは、「挫折を愛し、乗り越え、活かしていく力」のことだ。否定的なイメージの「挫折」だが、それを経験した人間は、ビジネスで最も必要な「打たれ強さ」を手に入れられる。そして何より、「己を知る」ことができ、それこそが成長への近道となるという。

挫折に打ち勝つ力は、「人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする技を身につけ」、ストレス耐性を高めることから始まる。同時に、しがらみやこだわりを捨てる覚悟も持つ。会社でいえば、下手な延命措置はむしろ寿命を縮める。

数々の企業を再生させたプロフェッショナルによって、不安定な時代を愉快に生き抜くための前向きな方法論が提示される。

PHPビジネス新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT