住友金属は第3高炉で送風再開、震災復興関連製品優先に出荷を再開【震災関連速報】

住友金属は第3高炉で送風再開、震災復興関連製品優先に出荷を再開【震災関連速報】

高炉大手、住友金属工業の鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市光)は、第3高炉で送風を再開したものの、出銑はしておらず、熱延など多くの工程で操業停止が続いている。

同製鉄所は東日本大震災の直後から2基ある高炉で休風とするなど操業停止が続いていた。ただ、早期に工業用水の送水が戻ったこともあり、仕掛かり在庫などを使い、震災復興用の製品を優先して製造を再開、高炉1基では送風を再開している。

再開が早かったのが、17日に再稼働した配管用に使うスパイラル溶接大径鋼管工場、そして18日に再開した仮設住宅やプレハブ住宅に使う溶接軽量H形鋼の工場だ。震災の復興に必要なことから緊急の製造要請があった。20日には第3高炉への送風を再開したものの、出銑はまだで、熱延などの工程も止めたままだ。第1高炉も数日中の送風再開を目指しているが、現時点で再開日程は未定だ。

鹿島製鉄所は、和歌山と並び住友金属の中核拠点。自動車向けの薄板や建設用鋼材を生産し、粗鋼生産量は700万トンを超し同社最大。母材が不足してくる局面では、他の製鉄所のスラブ(半製品)を使う考え方もあるが、顧客の了解も必要になるため、それを見極めながらの対応となる。

現時点で県内の電力需要の低調もあり、また自社発電もあるため電力面の問題は出ていない。まずは、高炉中心に操業再開へ全力を注いでいるところだ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT