原発事故で戦略の抜本的見直しを迫られる原子炉ナンバーワンの東芝【震災関連速報】

原発事故で戦略の抜本的見直しを迫られる原子炉ナンバーワンの東芝【震災関連速報】

危機的状況が続く東京電力福島第1原子力発電所。原発事故については、メーカーに賠償責任が生じないことが「原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)」によって定められているものの、今後、原子力産業が冬の時代を迎える可能性は高い。

日本の原子炉メーカーは、東芝、日立製作所、三菱重工の3社。このうち福島第1原発に原子炉を納入していたのは東芝と日立製作所(1号機は米国のGEが納入)。両社の株価は原発関連銘柄として大幅に下げた。

ただ、市場関係者の中には「連結事業全体に占める割合を考えると、原発事業の構成比はそれほど高くない」との見方もある。確かに、原子力事業の売上高は日立製作所で2000億円強。連結売上高の2%強でしかない。同社の電力システム事業の売上規模は9000億円弱で、うち大半を占めるのが火力だ。

とはいえ、気になるのが東芝への影響。同社は「選択と集中」の遅れた日立と違い、半導体と原子力の2本に経営資源を集中させてきたため、今後、戦略の抜本的な見直しを迫られそうだ。

東芝は2006年に米国の大手原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)を買収。沸騰水型原子炉(BWR)と加圧水型原子炉(PWR)の両方を手掛ける世界唯一のフルライン企業として、世界ナンバーワンの原子炉メーカーとなった。

東芝は原子力事業の売上高を公表していないが、06年のWH買収時点で両社合計の売り上げ規模は4000億円程度とされた。仮に現在5000億~6000億円の売上高があるとすれば、連結事業全体に対する原子力の売上構成比は5~6%程度とみられる。

当初は54億ドル(約6200億円=当時)の買収価格が高すぎると批判されたものの、その後、世界で原発ルネサンスが進行するにつれ、市場関係者も、その戦略を高く評価。半導体のNAND型フラッシュメモリと原子力事業を成長エンジンに据える東芝は、2010年に発表した経営方針で2015年度にメモリで1・1兆円、原子力事業で1兆円の売上高目標を掲げていた。

そんな矢先に起きた原発震災。世界原子力協会によれば、3月2日時点で世界の原発建設計画は158基(提案中も含めると482基)あるが、すでにドイツを中心に原発政策を見直す動きが広まりつつある。

ちなみに、米国ではスリーマイル島の原発事故(1979年)をきっかけに原発建設は凍結、原子炉メーカーの淘汰が進んだ。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。