「女王陛下の新路線」が変えるロンドンの商業地図 半年で7000万人利用、都心デパートに誘客効果

拡大
縮小
Elizabeth Line Class 345
エリザベス線を走る新型車両「クラス345」。イーリングブロードウェイ駅にて(筆者撮影)
この記事の画像を見る(17枚)

イギリスにおいて2022年最大のニュースは、9月8日、歴代最長となる70年にわたって在位してきたエリザベス女王の死去であることは誰も異論がないだろう。一方、鉄道界での最大のニュースは、その同じ年に女王の名を冠したロンドン横断鉄道「エリザベス線」がついに開業したことだった。本来の予定より3年半あまりも延期となったが、5月に行われた開通イベントには女王も高齢を押して臨席、自身の名を冠した新しい鉄道の開業に花を添えることができた。

5月に開業、全線直通は11月

エリザベス線はロンドン中心部に地下新線(42km)を建設し、既存の東西郊外にあるナショナルレール(旧国鉄)の線路をつなぐ構想のもと敷設された。そのため、当初のプロジェクト名は「クロスレール」と呼ばれていた。2009年5月には当時のブラウン首相、そして2022年に首相職を追われたジョンソン氏がロンドン市長として起工式に参加している。

総延長は118kmで、東側はエセックス州のシェンフィールドとテムズ川南岸のアビーウッドまで、西側はレディングとヒースロー空港までといずれも2ルートに先が分かれている。当初はとりあえず、ロンドン・パディントン駅とリバプール・ストリート駅で分割される独立した3つの路線として2022年5月24日、開通にこぎつけた。

エリザベス線路線図

3つの線区の直通が実現したのは、女王が亡くなった約2カ月後の11月6日のことだった。おりしも翌7日から、欧州最大級の旅行関連展示会ワールド・トラベル・マーケットが同線沿線カスタムハウス駅最寄りにある展示会施設ロンドン・エクセルで開催。世界中の業界関係者にお披露目する絶好のタイミングとなった。

次ページ並行する地下鉄の混雑は大幅緩和
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT