マクドナルド株主総会で何が語られたのか

報道陣シャットアウトで開催した総会の全容

カサノバ:価格もシンプルにすることで、客のニーズに合わせていく。客が欲しがっているメニューを提供する。シニアの客が増えている。そういった年齢層は今までと違う商品を求めている。下半期に向けて、そういった商品を出そうと思っている。今年の焦点は、客に目に見える変化を提供し、客がそれを実感することだ。

――いつ客数の減少に歯止めがかかるのか。何がきっかけで歯止めがかかるのか。

カサノバ:異物の事件のところから少しずつ回復してきているが、業績はいまだに厳しい。年末に向けて客数を戻すために、やれることはすべてやる。本日説明したことを一貫してやることで、それが可能になると信じている。最優先事項は、食に関する信頼を勝ち得ることだ。

国産=安全というメッセージは慎むべき

――対策を説明してもらったが、スッキリしない。ライバルはマックそのものだと思う。「客のため」と言っているが、今までは客のためではなかったのか。どの店もポテトの量がまともだったことがない。こんなことでは客は来なくなる。こういう基本的なところが改善されないと、よくならない。おもてなしができずに、どうやって再生できるのか。

下平:ご指摘の点はそのとおり。貴重なご意見、また不快な思いをさせてしまい、心よりお詫び申し上げる。

ポテトはマクドナルドの命。大切な財産を守るのが店舗の責任であり、私の責任である。1つ1つの店舗の大切さを実感している。マクドナルドは世界最大のレストランチェーンであるとともに、世界最小のレストランである。客に最高のQSC(品質・サービス・清潔さ)を提供する。それがマクドナルドの成長につながる。店のトレーニングシステムを見直して、客が満足する店であるように努力する。

――国産の農畜産物を使わないのか。

原田泳幸会長:日本は中国に食の依存をせずに生きていけない国だ。調達は国で判別するものではない。半分以上は国産の食材を使っている。中国=質が悪いということにならないような、客とのコミュニケーションが重要。国産と訴えることが食の安全というメッセージにすり替わる企業活動は慎むべき。われわれには一流の品質管理で調達していくサプライチェーンがある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT