任天堂は3DS新作ソフトの国内発売を延期【震災関連速報】

任天堂は3DS新作ソフトの国内発売を延期【震災関連速報】

任天堂は東日本大震災の影響で、東北方面への製品の出荷・配送に多少の影響が出ているもようだ。影響の度合いは明らかにしていないが、東北地方で小売店、電機店の営業に支障が出ており、多くの地域で販売ができない状態にあると見られる。任天堂へ依頼のあった修理品やオンライン販売商品の、東北6県および茨城県への配送も中止している。

また、17日に予定していた、ニンテンドー3DS専用ソフト『スティールダイバー』の国内発売を延期した。18日時点で、発売日は未定で、決まり次第、ホームページ上で公開する。3月末に予定している、欧米での3DS発売は予定通り行う。

今2011年3月期分の、3DSの出荷計画400万台について、任天堂側は変更していないが、国内出荷分(約150万台と推定)については下振れる可能性が高そうだ。米国に次いで大きな市場の日本で消費意欲が減退すれば、任天堂を含めたゲーム・娯楽業界にとって、マイナスの影響となるだろう。

なお、任天堂は、東日本大震災の被災者の救済、被災地の復興のため、3億円の義援金を寄付する。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。