任天堂は3DS新作ソフトの国内発売を延期【震災関連速報】

任天堂は3DS新作ソフトの国内発売を延期【震災関連速報】

任天堂は東日本大震災の影響で、東北方面への製品の出荷・配送に多少の影響が出ているもようだ。影響の度合いは明らかにしていないが、東北地方で小売店、電機店の営業に支障が出ており、多くの地域で販売ができない状態にあると見られる。任天堂へ依頼のあった修理品やオンライン販売商品の、東北6県および茨城県への配送も中止している。

また、17日に予定していた、ニンテンドー3DS専用ソフト『スティールダイバー』の国内発売を延期した。18日時点で、発売日は未定で、決まり次第、ホームページ上で公開する。3月末に予定している、欧米での3DS発売は予定通り行う。

今2011年3月期分の、3DSの出荷計画400万台について、任天堂側は変更していないが、国内出荷分(約150万台と推定)については下振れる可能性が高そうだ。米国に次いで大きな市場の日本で消費意欲が減退すれば、任天堂を含めたゲーム・娯楽業界にとって、マイナスの影響となるだろう。

なお、任天堂は、東日本大震災の被災者の救済、被災地の復興のため、3億円の義援金を寄付する。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT