福島のラーメンチェーン・幸楽苑は営業再開進む、被災地で通常上回る客足【震災関連速報】

福島のラーメンチェーン・幸楽苑は営業再開進む、被災地で通常上回る客足【震災関連速報】

福島県郡山市に本社を置くラーメン店チェーンの幸楽苑。14日時点での営業中止店舗は100店だったが、18日時点では70店に縮小した。一言でいえば、「これ以上悪くなることはない。だんだん良くなっている」(経営企画室)状況にある。

営業している店が、さまざまな支障を抱えていることに変わりはない。ガソリン不足で食材配送は滞りがち。被災地では人材の確保も難しい。一部の店では機器の不具合もある。そのため、多くの店が営業時間の短縮やメニューの限定、テークアウトのみにするなどの制限営業を余儀なくされている。

しかし、仙台のある店ではラーメンを求める客がひきもきらず、通常よりはるかに多い日販を上げているという。被害を受けた福島工場でも、ベース(たれ)のラインが復旧済み、製麺ラインが今週中に復旧予定、ギョウザラインは来週に復旧予定と、復旧に向けた取り組みが加速している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT