福島のラーメンチェーン・幸楽苑は営業再開進む、被災地で通常上回る客足【震災関連速報】

福島のラーメンチェーン・幸楽苑は営業再開進む、被災地で通常上回る客足【震災関連速報】

福島県郡山市に本社を置くラーメン店チェーンの幸楽苑。14日時点での営業中止店舗は100店だったが、18日時点では70店に縮小した。一言でいえば、「これ以上悪くなることはない。だんだん良くなっている」(経営企画室)状況にある。

営業している店が、さまざまな支障を抱えていることに変わりはない。ガソリン不足で食材配送は滞りがち。被災地では人材の確保も難しい。一部の店では機器の不具合もある。そのため、多くの店が営業時間の短縮やメニューの限定、テークアウトのみにするなどの制限営業を余儀なくされている。

しかし、仙台のある店ではラーメンを求める客がひきもきらず、通常よりはるかに多い日販を上げているという。被害を受けた福島工場でも、ベース(たれ)のラインが復旧済み、製麺ラインが今週中に復旧予定、ギョウザラインは来週に復旧予定と、復旧に向けた取り組みが加速している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。