ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームは、東日本大震災の影響を受け、LSIを生産するOKIセミコンダクタ宮城(宮城県黒川郡大衡村)を含む2工場で、操業停止が続いている。

OKIセミコンダクタ宮城では、携帯電話やPC等向けLSIの、多品種少量生産を行っている。建屋および設備に被害はないものの、電気と水が復旧しておらず、生産ができない状態にある。ロームの京都本社工場とローム浜松(静岡県浜松市)での代替生産を決定した。「プロセスの移行を始めているが、(17日15時時点で)代替生産は開始していない」(広報)。

同じく、操業を停止しているロームつくば(茨城県つくば市北原)も、設備等に損壊は見られないが、工業用水が復旧すれば、週内にも生産を再開できる見通し。ロームつくばでは、PCやテレビ等向けに、トランジスタやダイオードを生産している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。