ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームは、東日本大震災の影響を受け、LSIを生産するOKIセミコンダクタ宮城(宮城県黒川郡大衡村)を含む2工場で、操業停止が続いている。

OKIセミコンダクタ宮城では、携帯電話やPC等向けLSIの、多品種少量生産を行っている。建屋および設備に被害はないものの、電気と水が復旧しておらず、生産ができない状態にある。ロームの京都本社工場とローム浜松(静岡県浜松市)での代替生産を決定した。「プロセスの移行を始めているが、(17日15時時点で)代替生産は開始していない」(広報)。

同じく、操業を停止しているロームつくば(茨城県つくば市北原)も、設備等に損壊は見られないが、工業用水が復旧すれば、週内にも生産を再開できる見通し。ロームつくばでは、PCやテレビ等向けに、トランジスタやダイオードを生産している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。